アークヒルズ2004年・秋祭りのグラフィックを制作しました。切り絵は、全国のBARを切り絵で描いています。成田一徹先生に直接お願いして、快諾していただきモダンかつ、伝統的なあたらしいグラフィックデザインが生まれました。ブリーズはこの感覚をとても大切にしたいプロダクションです。

日本人の感性には、墨文字、白木というコンビネーションに対してなぜか、「食」を連想してしまいます。また、木に滲んだ文字をみるとなぜか、美味しそうなものを連想してしまいます。こういった、人の記憶をうまく利用させて頂くことによって、潜在的にアプローチする看板をつくりました。アークヒルズのみなさんは、これを見てきっとおなかを「ぐ〜っ」と鳴らしたことでしょう。

関連記事

  1. Product Design

    Product Design

    Product Design
  2. wella high hair 2007

    wella high hair 2007

    wella high hair 2007
  3. ソーシャルメディア研究所ロゴ開発

    ソーシャルメディア研究所ロゴ開発

    ソーシャルメディア研究所ロゴ開発
  4. Innocent (2008)

    Innocent (2008)

    Innocent (2008)
PAGE TOP